感情に流されて怒り、不安に潰される人生はまっぴらだ!と思う人のためのサイト

軽やかに生きていく・・

自分を大切に、優先すると、他人に冷たくなる気もする・・・アセンションに乗り遅れないための知恵

最近、「まず自分を満たしましょう」的な言葉が目立ちますよね。

他人より、自分を優先させよう、自分の好きなことだけをしよう、やりたくないことは止めよう・・・

「滅私奉公」という言葉も死語になりつつありますよね。

「自分ファースト」に生きるのは全然悪いことではないと思います。私も、最近「自分を満たそう」系の本を読んでいて、やっぱり自分を一番大切にしていかなきゃダメだよね、と思ったりしたわけです。

そうすると、だんだん思ってくることがあるんですよね。

「自分を大切にしているけど、、、だんだんワガママになってない!?

な~んか、他人に狭い心でしか接することができなくなってしまったり・・・なんか、おかしい!

夫や妻に小さなことを頼まれた。「やりたくないから、やらな~い」「自分の「やりたくない」を優先しま~す」

なんか、無責任で、心が狭い人間になっている気がする。これでいいの!?

電話占いヴェルニ

自分ファーストは悪くない

だからと言って、「自分を殺して他人に尽くそう」というのも違う気がしますよね。

日本人は「自己犠牲」が美徳なので、自分を殺して他人に尽くそう、と思う人もいると思います。けど、これをやっていると最悪、うつ病などの病気になってしまいます。

そういう意味で、順番としては「自分を優先する」のは正解だと思います。それに、「自分を大切にできない人は、他人も大切にはできない」これはよく言われることですよね。

自分を優先するのは良い・・でも、それだと、ワガママな「イヤな自分」になってしまうのは同じですよ~って思いますよね。では、どうすれば自分も大切にしつつ、他人の声も聞けるのでしょうか?このジレンマ、どうすればいいのか・・・

自分ファーストとワガママの違いと、アセンション

結論から言うと、「次元の違いです

え?またスピ系の話ですか?アセンションとか言い出すんですか?

スピ系ではなく、現実的な「次元」です。どういうことですか?というと、

「低い次元」では、「あ~こんなのやりたくね~、っていうか、こんなの押し付けんなよ、ふざけんな!やりたいことだけやるし」

「高い次元」では、やりたくない、という自分の気持ちをいったん感じ、寄り添う。「イヤだよね・・わかる」そのうえで、言えそうだったら、「こうやってみませんか?」という対応をしてみる。もし、頼まれたことをやるしかなかったら、「よくやってる自分はエライなぁ」と寄り添う。そこまでできた自分を認め、次は言ってみよう、と考える。

つまり、怒りや感情で「反応」するのをやめる。「反応しない」というのは仏教的ですよね。

イラっと反応するのはやめて、自分と対話する

そして、自分の声に耳を傾ける。悲しみに寄り添う。悲しみに寄り添うことが「慈悲」。慈悲は西洋的には「愛」日本(神道)的には「感謝」

やりたくないことなんて、やらないよ!という次元と、慈悲、愛、感謝の次元、全く違いますよね。

慈悲、愛、感謝の次元への昇華・・これがこれからくる「アセンション」ではないのかな~って私は思います

スピリチュアル業界では、ワクワクすることだけやって、好きなことだけやって、次元上昇しましょう~とか言われていますが、そんな簡単に次元上昇ってできるのでしょうか?

目の前の生活を大切にできない人を、神様がもっと良い次元に押し上げてくれるとは私は思いません

自分ファーストと「波動」

では、次元が高い生き方をするとどんな良いことがあるのでしょうか?

高い次元に上がると、神様はどんなご褒美をくれると思いますか?

それは、同じ「波動」が返ってくる、というご褒美です。宇宙は良くできていますよね。

何が言いたいんですか?と言うと、自分が出した「愛、感謝の波動」は、自分に返ってくる、ということです。つまり、自分が「やりたくない!」という投げやりの態度をとると、周りの人も「投げやり」「怒り」「イライラ」で接してきます。

逆に、愛、感謝の次元の波動を発すると、周りも「温かい態度」で接してくれます。

参考↓

なぜか幸せをくれる人が集まる人がこっそり実践している秘密の習慣

宇宙の法則はとてもシンプルです。 お風呂に入っているところを想像してください。 ぼーっと力を抜いて湯船につかっています。お湯を手のひらで押し出して「波」を作ってみてください。 波はお風呂の浴槽にあたり ...

続きを見る

これは本当に不思議です。

私も、イライラしたり、怒ると、必ずと言っていいほど、イライラしている人に出くわします。家族の機嫌が悪かったりします。最近は歳をとって、現実化が速くなっている気もします。

「悟り」とは??精神世界、スピリチュアル、宗教の目的

最後に、精神世界、内面、スピリチュアルに興味を持った時の注意点です。

スピリチュアルが好きな人は、内面に入り込みたくなる人が多いと思います。私もその一人ですが・・

気を付けなければいけないのは、「他人を考えない、閉鎖的な生き方」に向かってしまう可能性があるということです。先ほどの、次元が低い自分ファーストですね。

「個」「競争」「分離」の世界では「内面」が強くなります。他人を排除し、他の人や出来事を「外面」と分けてしまうからです。

 

実は、スピリチュアルとは、外に目を向けることです

 

自分とは‥から始まり、自我(自分)がなくなる・・そして、他人も自分も同じ。外と内の差がなくなる。すべて1つだという結論に向かいます。

他人も、動物も、同じ存在、自分と同じだと考えること、それが「差を取る」悟り(差取り)です。

色即是空は、すべてが「空」。

量子的に言うと、私たちの身体は、分子・・原子と小さく見ていくと、最後は素粒子に行きつきます。その先は・・・「空」

私たちは「空」

科学的に言うと、私たちはみんな素粒子の集まり。机も、犬も、イヤな上司も・・・みんな同じ。

今風に言うと、「ワンネス」ですね。これが宗教、スピリチュアルの目的かと思っています。

ジョンレノンも言うように、所有もないし、宗教もないのです。

けど、それじゃあ現実世界は生きれない。だから、次元をあえて下げる必要も出てきます。ビジネスマンの人が、「所有」はありません、なんて言ったら仕事ができないと思います。

だから、次元を上に行ったり、下に行ったり。それが「観自在」です。

悟りとはこういうことなのかもしれませんね。

せっかく精神の世界を学んでいるのですから、自分の世界にこもるのではなく、他人との関係の中で自分を深めていく道を探っていきませんか??

  • この記事を書いた人
K太郎

K太郎

神職資格あり。レイキヒーラー、塾講師 普段は塾経営を中心に活動しています。 少しでも生きるのが楽になる、幸せになる情報を発信しています。

Copyright© 軽やかに生きていく・・ , 2019 All Rights Reserved.