ヴェルニ

「中今の思想」を本当に理解すると、引き寄せの質が変わります。

神道には、「中今(なかいま)」という思想があります。

簡単に言うと、未来や過去に生きるのではなく、「今この時」を大切に生きる、という思想です。

そもそも、人はなぜ「恐れ」「不安」が起きるかというと、

起こってもいない「未来」の事を考えるから
とも言えます。

これは、人間だけが持っている能力とも言えますね。

なので、不安や恐れをを消す方法、
それは、「今」に集中する。
ということになります。

けれど、、最近のスピリチュアルは、
「子供帰り」
とも言える考え方があるので注意が必要です。

今回は、「中今思想」の本当の意味。

そして、中今に生きると、どんなミラクルが
あるか?

について書いていきます!

こんなことを書いています

  • 「中今」の本当の意味
  • 宇宙意識と繋がってアイデア脳になる方法

 

 

中今の思想とは

はじめに、「中今」の思想とは何か?

というと・・・

過去や未来ではなく、永遠の過去と未来の
中間にある、「今」を大切に生きる
という思想です

今中を生きるとは?

「今」を大切に生きる・・と言われても
どういう事?
と、思いますよね。

そこで、注意してほしいことがあります。

それは・・

「中今」は、刹那的(せつなてき)なものではない
という事です。

どういうことですか?というと・・

とにかく、楽しめばいいか~という考え方
です。

何とも言えない不安から逃げるために
快楽に走ったり
他人に迷惑をかけてもいいから、楽しいこと
をしてみたり
やりたくないことをやらないで、やりたいことだけただやる・・

そのような生き方の事ではありません。

「やりたいことをする」というのを、
他人に迷惑をかけてまでやりたいことをやればいい
と誤解する人もいますが、そういうわけでは
ありません。

中今の本当の意味

「中今」の本法の意味は

「この瞬間に集中する」「物事の明るいところを見る」「小さいことに大きな愛を持って取り組む」
これが近いと思います。

例えば、本を読むのも、何かに気を散りながら
読むのと、集中して食い入るように読む
とでは、入ってくる刺激が違いますよね。

勉強をしていても、「やりたくないな~」
と思ってやるのではなく、
この勉強がどんな意味があるか、
明るいところに焦点をあてて勉強する
そんな生き方が、「中今」です。

掃除をしていても、部屋をピカピカにしよう
と考えてやったり

忙しいときでも、コーヒー一杯、ゆっくり楽しんでみたり

何かに集中すると、不思議な充実感がありますよね。

まさに、小さい仕事に、大きな愛を持ってとりくむ。

これが「中今」の思想です。

中今の思想と引き寄せの法則

その充実感を繰り返すうちに、

私たちの精神は進化し、
次に引き寄せられるものの質が変わってきます

私もあるのですが、
大きな目標や夢がある。

それでも、実現していない「今」にイライラ
する。

この状態だと、いいアイデアは浮かびません。

「今」の明るいところを見て、
前向きに
大きな愛を持って
集中して

取り組む。

その結果、宇宙にアクセスしやすくなります。

その結果、あなたの人生も激変していくでしょう。

© 2020 みらくるくるよ