ネヴィル ゴダードの「想定の法則」を簡単に解説。引き寄せが加速します。

望むものを人生に引き寄せる

誰もが望むことですよね。最近は「引き寄せの法則」という言葉も普通に使われるようになって、関心が高まっています。

「引き寄せの法則」といえば、「ザ・シークレット」と言う本が火付け役になったと言われています。

世界中で読まれ、引き寄せの法則という言葉が、広く知られるようになるきっかけとなりました。

実は、「ザ・シークレット」には原典となる本があったのをご存知でしょうか?

それが、「想定の超法則」と言う本です。ネヴィル・ゴダードさんが書かれたものです。

ネヴィル・ゴダードとは

ネヴィル・ゴダードさんは1972年に亡くなったのですが、20代で友人のジョセフ・マーフィーとともに、ユダヤ教のラビ“アブドル”から想像力を使いこなす古代の秘法「想定の法則」を伝授され、それからというもの「無料で」講演をして、当時世界恐慌で苦しむ人達の現実を替え、救ったのだそうです。

無料でっていうのがなんか好感持てますよね。

ネビル・ゴダードの言葉を一つ紹介すると「 感情とは、アイデアを潜在意識に伝える唯一の媒体である。」
というもの。

どういうことかというと、自分の感情をコントロールしない人というのは、「望ましくない状態を潜在意識刷りこんでいる」ということで、

逆に、感情をコントロールするということは、自分の感情を拘束したり抑制したりすることではなく、あなたの現実を変えること。ということです。

今回はネヴィルさんの想定の法則について簡単にご説明します。

step 1 感情をリアルに想像する「リハーサル」

この言葉を行動に移すにはどうすればいいかというと、まず「リハーサル」をすることです。

リハーサルの方法は簡単です。「すでに現実であるかのように感じる」というだけ。簡単ですね。

そうすれば、宇宙の法則、引き寄せの法則が働いて、欲しいものが自分の経験の中に入ってきます。

しつこいですが、大事なのは「感情」です。

しかし、ほとんどの人は、自分の欲しいものが何であるかはわかっていても、それが実現できるとは感じていません
そのため、潜在意識に「自分にはできない」「自分はそこまで優秀ではない」「自分はそこまで賢くないし」「それは不可能だ」というメッセージを送ってしまいます。

感覚がなければ何も現れません。感覚とは、自分のエネルギーを意識的に認識することです。
人々が自分を祝福する声が聞こえてくるくらい、リアルな絵を頭の中に描くのが重要です。

もし、そうなってほしい現実が叶ったら、どんな感情でしょうか?

よく考えると、あなたが今まで望むことが叶ったときって、そのことを想像するだけでなんかワクワクして、そうなった時の感情を想像しては喜んでいることがありませんでしたか?

私はありました。
例えば、今住んでいる「家」

色々イメージして、こういうところに住めたら最高だな〜なんて、妻とニヤニヤしていたものです。
当時、お金はドン底になかったのですが、なぜか、家が手に入る「流れ」になった・・これは本当にありました。

仕事でも、自分の「教室」を持ちたい思っていて、自分だけの教室で授業しているところをありありと想像していました。
結果、今、自分の教室を持っています。

最近は楽器が欲しくて、けど、高い。今は好きな音楽家の動画を毎日見て、自分が楽器を弾いているところを想像しては、想像上の観客からスタンディングオベーションを受けて、感無量になっている自分を想像しています笑

まだ、その楽器を弾いたこともないのに・・

けど、これは実現するはずです。私は知っています。

こんな感じで、目を閉じて、それが実際にあなたの感情を揺さぶるほど、感情を感じとって、再生して、それを感じるとってください。恋人がほしい時、歯ブラシを2本置いたりするのも、同じ理屈です。

重要なのは、「感情」。感覚は、顕在化に先行して作用します。

step 2 ネガティブ感情を逆手に取る

イメージしていると、必ず頭に湧いてくる感情がありますよね。

そうです・・先程少し触れましたが、「私にはこれはできない。」という古い潜在意識のパターン
それは仕方ないんです。
学校教育などで、いままで刷り込まれてきましたから・・

「あなたは普通の人なんだから、普通にしてなさい」って。

だから、ネガティブ感情が生まれるのは、当たり前のことです。

そんな時は、そのネガティブ感情を捨てようとしないで、キャッチしてください。そして、それを「逆」にするのです。

例えば、「大金を手にするには、まだ若すぎる」
そういう感情が出たら、逆にしてしまうんです。

例えば、若いから「エネルギッシュで、健康的なお金持ちになれる!」と言う感じです。

ネガティブの感情に気付くたびに、逆転の発想をクセづけましょう。

「学歴がないし・・」というのも、同じですよ。エジソンだって、最終学歴、小学2年生です。
日本トップのお金持ちと言われる「斎藤一人氏」も、中卒だったはずです。

学歴がない分、「自分は高学歴の人より先に社会に出たのだから、その分リードしている」と思ったそうです。

まさに、逆転の発想ではありませんか!!

確信する

逆転の発想を身に着けたら、いよいよ、「受け入れて」ください。それを「受け取る」のです。

ネビルは、すでに持っているかのように感じる感覚について、「願いが叶ったときの気持ちを想定する」と言っています。ステップ1でやりましたね。

願いが叶ったように感じる次は、「自分がすでに億万長者であると信じること」です。

例えば月収が100万円になっている。自由な環境を手に入れている。
それを「確信」してください。

どうしても無理、という方は、潜在意識を書き換えるワークをしてみてください。やっぱり、みんな脳で生きていますので、急に感覚派になるのは難しいですよね。
子供が塾に行って成績を上げるように、大人も少しの投資で学んでみましょう。

イチオシの教材は
PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル~ 体系的に潜在意識の書き換えを学ぶことができて、感覚が苦手な人でも理論的に潜在意識を変えることができます。

まだ実現していない未来に感謝しましょう。
実現した神に感謝しましょう。

感謝をすると、波動も高まって、「感情」も動きます。

日本では「予祝」って言いますよね。先に祝って、その気持になってしまうというテクニックです。

最後にまとめると、望むことを「受け取るプロセス」とは、自分が望むものの周波数を持続的に合わせることとも言えます。

望むもののレベルまで意識を高め、そのレベルが自分の性質になるまでそこに留まること、それが奇跡のように見えるすべての方法であり、あなたの意識レベルを望むものまで高めることなのです。

難しく感じる人は、すでに実現している人の配信を見たり教材を買うことです。

間違っても、人の頭を叩いてゲラゲラ笑っているTV番組に意識を合わせないでください。

情報の断捨離も、大切なことです。

© 2021 guiding light Powered by AFFINGER5