感情に流されて怒り、不安に潰される人生はまっぴらだ!と思う人のためのサイト

軽やかに生きていく・・

神道とは、何?? 日本神道のすばらしさ・・・

日本には神道がありますね。

神道は「神社」です。仏教はお寺です。「さすがにそんなことはわかります。けど、神道ってそもそも何??」って思いますよね。

私は神職の資格があるので、神道についてはそれなりに学んできました。しかし、神道は「教義」もなければ、「創始者や教祖」もいない。一体、なんなの??そもそも宗教なの?と思いますよね。

宗教法人ですので、神社も宗教です。しかし、そもそも「宗教」という言葉が生まれたのは最近のことです。実は、英語のreligionに相当する言葉として、明治時代に作られた言葉なんですね。

神道は日本古来からあります。ですので、宗教というよりは、「信仰」の方がちかいですね。

電話占いヴェルニ

神道のよさ

普通、宗教というのは「教義」があります。

つまり、「こうなやって生きていきましょう」という教えです。

けれど、神道にはそれがない。ということは、縛られない。この、縛りのなさが神道らしさだと私は感じています。もちろん、日本にはルールやしきたりのような縛りはありますよね。

けど、それは人間世界でのこと。神様の世界は縛りがなく、自由。そもそも、日本人は自由なのだと思います。

それを縛り付けているのが「観念」。「男はこうあるべき」「女はこうあるべき」「長男はこうあるべき」・・・

すべて人間世界の話です。

本来の日本人は軽やか・・・自由。これが神道の基本だと思います。

お天道様が見てますよ。という言葉は・・・「悪いことをしているとお天道様が見てます」という意味もあるかもしれませんが、ちょっと違うかもしれません。

あなたが毎日明るく、朗らかに生きている。目の前の仕事をやり、目の前の人に光を当てている。そのことをお天道様が見ているということです。自由に生きているあなたを応援していますよ、というのが「お天道様が見ているよ」だと思います。

言い方を変えると、「教義がない」=「正解がない」

答えがないのが神道です。人それぞれ、魂の目的、罪状が違います。人それぞれ、魂的に答えを持っているのです。

よって、「これが答え」という宗教とは違うのが神道です。

感謝

1つだけ教義のようなものがあるとすれば、「感謝」です。

神道とは何ですか?といえば、一言でいうと「感謝」です。

神社では「お願いごと」をするのではなく、「感謝」をしましょう。それだけがルールです。

なぜなら、「お願いごと」は「こうなったほしい」→「今、それがないから不満」ということです。遠回しに愚痴を言っていることになりますね。それは本来の生き方ではないので、神様はがっかりしてしまいます。

今あることを感謝しましょう。祈るなら、世界の平和や、日本の平和のような、もっと広いお祈りをしましょう。

広いお祈りをすると、広い神様が降りてきてくださります。自分のことだけを祈る狭い祈りは、その範囲の神様だけが降りてくださります。

今生かされていることに感謝し、広い祈りをする。そして、自由に、朗らかに生きる。

それが神道的な生き方ではないでしょうか。

  • この記事を書いた人
K太郎

K太郎

神職資格あり。レイキヒーラー、塾講師 普段は塾経営を中心に活動しています。 少しでも生きるのが楽になる、幸せになる情報を発信しています。

Copyright© 軽やかに生きていく・・ , 2019 All Rights Reserved.