ママ大好きの夫へ。嫁の悩み「献立」と「夕飯」を一瞬で解決する秘密の方法

自己啓発・人間関係・心理学

今回も、嫁に何かいいことをしようというお話しになります。

[st-card id=1248 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

このサイトでは、目の前の人に優しく、愛のある行動を心がけて、人生をよくしようというのが目的です。いくいくは世界平和につながるとも思います。

世界平和と言ったら大きいですが、世界平和の始まりは、何でしょうか?

それは、家庭です。家庭、とくに夫婦が円満になることで子どもが健全に育ち、その子供たちが社会に旅たつことで、平和な世界になると思います。

夫婦円満と一言で言っても、抽象的な話になってしまうので、今回は具体的にできることをご紹介します。特に結婚されている男性の方、今回紹介することを奥さんに紹介してあげてみてください。

主婦一生悩ませるもの・・・献立と夕飯

主婦の悩みって、なんだと思いますか?

それは、献立を考える、毎日の夕食を作ることです。

もし、あなたの奥様が、料理が大好きで、毎晩夕飯を作るのが生きがいのような方でしたら、今すぐこのページを閉じてください

もし、奥様が、今日は何にしよう・・とか、料理が大変、などと漏らしている、口には出していなくても、なんとなくわかる場合、少し参考になるかもしれません。

共働きの場合は特にお役に立てる内容です。

今の時代、共働きは普通ですよね。考えてみてください。バイトでも、パートでも、フルタイムなら特にですが、家に帰ってから料理を作るって、考えたらかなり辛いと思いませんか??自分がやれって言われたら、かなりキツイと思います。子供がいたらもっと大変ですよね。

しかも、食材を買い出しに行くのも一苦労です。都会だと自転車や歩きで行く人もいるでしょうし、車で行くにも、かなり面倒です。私も、嫁が実家に変えているときなど、食材の買い出しは本当に面倒でした。

なんで頑張れるか?というと、料理は女の仕事という固定概念私がやらなければ誰がやるの?という使命感母性、いろいろあると思います。けど、世の中には料理が嫌いな女性もいます。

古い観念を捨てる時代へ

日本は古い観念がまだ色濃く残っている国です

古い観念、○○しなければならない、という固定概念です。例えば、男はこうあるべき、とか、女はこうあるべき、と言われ続けています。

親から、学校から、これでもかと洗脳されています。どこに行ってもです。もし、それから漏れるようなことをすると、村八分状態で、変人扱いされるのが、残念ながら日本です。

これから、2020年以降は時代がガラッと変わっていきます。これからの時代は、それぞれの個人が自分の個性を発揮していく時代になります。

本当はバリバリキャリアウーマンの生き方をするはずの女性が、家で主婦をしていたのが今までの時代でしたが、これからは、それぞれが好きなことを出来る時代になっていきます。

ですので、女は家で料理をするものだ、というのもある意味では古い観念です。この先どんどん崩壊していくでしょう。

これからは、女はこうあるべきだろ!とか言っている男性は、時代遅れで絶対モテません・・(笑)一昔前は、女は黙ってついてこい!的な男性が持てていた時代もありましたが、これからはモテません

周りを見てもそうではないでしょうか?古いガンコ親父タイプの男の人って、全く持ててないと思いますが、いかがでしょうか?

とはいっても、夕飯はどうするの?宅配サービスがあるじゃないか~!

とはいっても、「今日から夕飯作らなくていいよ」「悩まなくていいよ、毎晩白米、たまに納豆でもあれば幸せだから」なんて言える男性はかなりレベルが高いですよね。

たまにはガッツリ食べたい時もあるし、外食なんてしてたら財布がスカスカになってしまいます・・・

そういう時に、とっておきなのが、食材の宅配システムです。

パルシステム、ヨシケイ、オイシックス・・いろいろとサービスはありますが・・

私はオイシックス(ホームページ)一択です!

オイシックスのメリット

スーパーに買い出ししなくていい

なんといっても、毎日のように食材を買いにスーパーに行く必要がなくなります。奥さんはスーパーに行っていた分の時間を、趣味や仕事に使えます。

奥さんのことを思って、「もう食材の買い出しもしなくていいよ」って言えたら、奥さんはどれだけ喜ぶでしょう。想像できますよね。

スマホで簡単にワンクリックで注文できます。

スーパーのレジに並んだり、チャリに買い物袋入れて走ったり、わざわざ車に乗る必要もありません。スマホでポチるだけで、宅配のお兄さんが毎週大量の食糧を届けてくれます。

出来合いの食材も豊富

オイシックスにはミールキットという出来合いのお惣菜みたいなものもたくさんあります。

芸能人や料理家などとのコラボしたり、テレビで放送されたりしているので、良く知られています。

季節ごとの特別メニューも、夫としては最高です・・

なんといっても、美味しい

無農薬、とてもおいしいです。嫁に楽をしてもらおうと思っても、味が悪いのは嫌ですよね。

子どもも、ママのご飯は最高!と言っています。ママとしては、20分くらいでサクッと作ったものなので、素直に喜んでいいものか・・というリアクションです。

ここまでは、他の会社のサービスでも同じです。

ここからは、なぜオイシックス一択なのか?という点を書きます。

無農薬、放射線検査で安心

あとは、なんといっても「安心」

私が食に興味を持ったのは、「日本が売られる」という本を読んだのがきっかけです。

一言で言うと、日本政府は、日本の資源を外国に売りさばいています。「食」も同様です。

日本は世界一の「遺伝子組み換え食品の輸入大国」です。日本のスーパーで売られている食品の、なんと60%が遺伝子組み換えを使っているなんて、知られてないですよね。「知らされていない」のです。日本の「報道の自由ランキング」は67位。「経済的な利益が優先され多様な報道が次第にしづらくなっている」なんて指摘されています。「経済的な利益」そうです。食も、経済が優先されて、私たちの安全は軽視されています。

今後は、遺伝子組み換え食品表示も消滅するのだそうです。おそらく、私たちは知らぬ間に、遺伝子食品かどうかも分からなくさせられます。アメリカでは遺伝子組み換えの魚も出ています。

まだまだありますので、詳しくは「日本が売られる」を読んでいただければと思います。

スーパーの食品の60%って・・・恐ろしいです。先進国でガンが増えているのは日本だけ・・・スゴイ勢いで増えてます。添加物・・農薬・・日本の基準の甘さはあまり知られていません。

子どものオヤツもずっと心配でした。このお菓子って、絶対体に悪いよな・・・と思っていたので、オイシックスのオヤツなら少しは安全かな、と思います。

産地が見える。というキャッチコピーもよくありますが、その産地でどれだけ農薬を使っているかは見えませんよね。

オイシックスは、子供が食べられる食材を、という意識で、農薬ゼロを目指しています。海も、安全な海からしかとらない、そして、合成保存料、合成着色料は使わない徹底ぶり。

そして、全アイテム、放射線検査を実施!

ここまで安全に気を使っているサービスは無いと思います。

宅配サービス

オイシックスは、ヤマト運輸で郵送しています。

つまり・・・ラインで配達日時を指定できる!!これは大きいです。

なぜなら、毎週決まった時間に家にいれる主婦って、どれだけいるか?たいていバイトしたり、子供の送り迎えしたり、主婦も暇ではない・・

パルシステムは、こちらの希望はできず、自宅周辺の配達状況で決まります。ですので、決まった時間に配達が来ます。在宅でないと、玄関に置いていってくれます。これ・・・大量の発泡スチロールが玄関先に残ります。次の配達まで、一週間、置いておくしかない・・玄関に発泡スチロールはなんか微妙ですよね。

その点、オイシックスはこちらで指定した時間、日時に来てくれるので、こちらのペースで受け取れます。しかも、キャンセル料はかかりません。

けど、お高いんでしょう?

気になるのは「料金」ですよね。

確かにオイシックスの料金は通常の野菜などと比べたら若干割高です。けど、我が家の場合、、食費はあまり変わらない

理由は・・・スーパーで余計な買い物をしなくなったから

私の嫁は、家計簿をまめに付けたりしないタイプです。食費も、ざくり月の限度は決めていましたが、収まったためしなし(笑)

私が嫁に頼まれてスーパーに行った時のこと・・・

卵買いにきたけど、この柿ピーうまそう、買っちゃおう。焼き芋うまそ~安くなってるやん、買っちゃおう。・・・関係ないものをかなり買ってしまいました。

スーパーのポップ、音楽、すべて「プロ」が作っています。「買わせるプロ」です。この音楽を流すと買いやすい、ここに陳列すると買いやすい。

私たちは、「無意識に」プロが考えたマーケティングに乗せられ、知らぬまに、「安いから」「お得だから」などと言って、必要のないものを買わされています。

家の妻は、「安かったから」といって大量に買い込むタイプ。お菓子もスナックを必ず買ってしまう・・

テレビと同じですよね。

[st-card id=580 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

「今日は安いですよ~」「お得!!」すべて「広告」です

解決策は「見ない」こと。我が家は全くスーパーに行かなくなったので、無駄なものを買わされることは無くなりました。

食費は、例えば月4万だったら、週1万円分だけ注文すればいいだけです。すべて週単位で食費を把握できるので、わたしの嫁のように細かい家計簿が苦手な人でも、食費を計画的にできます。

楽していいんだと、自分を「許す」

食材を全部持ってきてくれる・・できあいの惣菜まで・・そんなことしてたら、バチが当たっちゃうわ。という奥様もいるかもしれませんが、それも義務教育の洗脳です。

「受験生なのだから、ダラダラするな」「楽ばっかりするな」学校で言われましたよね~

楽してもいいんですよ。みんな、義務教育の根性論を日常に持ちこんで、鬱になったり、病気になったりします

こんないいサービスがあるんですから、旦那さんは奥さんに勧めてください。奥さんに、「ちょっと楽していいよ」って言ってあげたら、昨日よりいい夫、いい人間になれたような気がしますよね。

結局、相手の事を思いやるって、こういう小さいことだと思います。料理を作ってもらう感謝は大切ですが、その「大変さ」が見えるか、それも大切ですよね。

今回ご紹介したオイシックス、主婦の日常を激変させてくれるサービスだと思いました。是非使ってほしいと思いました。