【覚醒】レイキが胡散臭いと思ってしまうわけ・・・○○に洗脳されています。

スピリチュアル・宗教 ヒーリング

今回のブログは、少し陰謀論や都市伝説っぽい話になります。ある意味で自己啓発の部類になる話ではあるのですが、「洗脳」などのワードが飛び出すので、苦手な方はスルーしていただければ幸いです。いつもとは違う内容のブログになります。

「洗脳」というと、なんか怖いイメージですが、私たちは、知らず知らずのうちに洗脳されているものです。

子どもだったら、「義務教育」に洗脳されています。

義務教育では、「みんな同じがいい」「競争で一番になるのが大切」「とにかく頑張れ」・・・など、知らぬ間に正しいものとインプットされてしまいますよね。

教育はある意味で洗脳しやすいツールの一つです。

もう一つ、戦後、日本で大活躍した「洗脳ボックス」があります。

おわかりですよね・・そう、「テレビ」です。

テレビで一番効果のあるのは、「宣伝」「広告」です。そのあたりについては、こちらの記事で以前書いています。

[st-card id=580 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

今回は、「スピリチュアル」的な洗脳の話になります。

なぜ、洗脳を見抜かなければならないのか

なんでそんな話をするのですか?という話になりますが、それは、私が「レイキ」をたくさんの人に知ってほしいからです。

レイキについては

[st-card id=518 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

一言で言うと、レイキとは、手をかざしてヒーリングして、病気やけがを治すことです。かなりざっくりですが・・・大抵の人が、「手かざし療法?・・・宗教臭い、怖い、怪しい、胡散臭い、ウソっぽい」と思うかもしれません。

私は外国でアジア系の外国人(友達の友達)に、「ちょっと見させて」と言われ、手を前進にかざされ、「ちょっと、怒りを出した方がいいですね」なんて急に言われたのがレイキを知るキッカケでした。

初めて会う人に、意味の分からないことをされ、意味不明の事を言われました。ホント、「は?」って感じですよね。なんで手をかざしているだけでわかるのかと。

「オッケー」と簡単に流した私ですが、内心、「この人危ないな・・怪しすぎるやん・・」と思っていました。

すると、彼女は「レイキは知ってる?」と聞いてきました。「レイキ?そんなの知りません」と答えると、

「あなた、日本人なのに、日本から生まれたレイキを知らないの??オーマイガー!」「日本人は知らないの?オーストラリアでも、カナダでも、保険が使えるくらい有名なのに、オーマイガー!」

「ぽかーーーん」とする私。

それから数年後、なんかの縁でレイキを本格的に学びだすことになったのですが、私が最初に思ったように、やはり、日本では「レイキ」は怪しい、と思われているのが現実でしょう。

なんで、外国では受け入れられる「レイキ」が日本では「あやしい」となってしまうのか・・・

今回はその原因を探ります。

私たちは、不思議な力を信じないようにさせられているのです。

私たちの、知られざる能力を「見えない」ようにする巧妙なトリック

結論から言うと、私たちは洗脳ボックス、「テレビ」によって、不思議な力を信じないように洗脳されています。

オカルト番組の罠

「いやいや、都市伝説のような番組がありますよ!昔から、オカルト関係の番組もあるじゃないですか?ビートたけしが出てるやつとか。」っていう人も多いと思います。

そういう番組をよく見ると、気づくことがあると思います。「波動」とか、「引き寄せの法則」「潜在意識」などのワード出てきません

すべてのオカルトが、UFOだとか、未確認生物だとか、「自分の外側にあるもの」ばかりだと思いませんか??

これが一つ目の罠です。

自分の波動を変えて、現実を変える、という内面的な話は、必ずと言っていいほど出てこないのです。理由は後ほど。

しかも、不思議な力を信じる人たちは、かならずアホっぽく写されますよね。

こうやって、意識を外に向かせることにより、引き寄せの法則や、思考の力で願望を実現する、などのような不思議な力に気づかせない、あり得ない、と思いこまされています

宗教に対する罠

もう一つは、「宗教」というものに対して、怪しいというイメージを植え付けているのはマスメディアです。

たとえば、「オウム真理教」という教団が地下鉄でサリンという毒ガスを巻いた事件がありました。この事件で、マスコミは一斉に新興宗教の怖さを報じました。

問題なのは、日本人は無宗教なので、自分の宗教体験がないため、マスコミが流す情報を宗教のイメージとして作ってしまうことです。けど、アメリかなどの宗教が根付いている国は、オウムのような「カルト」と、普通の宗教の定義上の区別がしっかりできているため、危ない宗教と伝統的な宗教の区別がつくのです。

ここからは都市伝説のような話になってしまうのですが、日本人から「宗教」を奪うために、こぞってメディアが「宗教=危ない」というイメージを植え付けたという人もいます。現に、「なんか宗教っぽいですね」とか、「宗教臭くて嫌ですね」という言葉、よく聞きますよね

意図的に宗教のイメージを下げているのか?と言われれば定かではありませんが、少なくてもテレビの影響があるのは間違いないと思います。

ニュースだけではありません。スポーツ選手でも、あの団体は宗教っぽくて嫌です、と言っていたりしているのを見たこともあります。このような一言ひとことが潜在意識に刷り込まれているのです。

私からすると、宗教っぽから何が問題なんだろう?と思いますが・・・海外では宗教を持っているのが普通ですので、私と同じだと思います。

そもそも、宗教は、人の道徳、生き方を示してくれるものです。人を幸せにするのが宗教であるはずではないでしょうか。犯罪を犯すような「カルト」とは明確に分けるべきですよね。

なぜ、洗脳されるのか

では、なぜ、そんなことが起こっているのか?という話になります。

それは、私たちに「従順な従業員」になってほしい、という支配層のおもわくがあるからです。世界のほとんどの資産は、一部の支配層が持っています。私たち庶民は、少ない給料で生活をしています。気になる人はインターネットで調べて見てください。

あなたたちは特別な能力なんてない、普通の凡人なんですから、諦めて言われた通りの仕事を安い給料でやりなさい、という支配層の考えがあるのです。テレビに出てくるスーパー小学生や、スポーツ選手、なんでもできるイケメンジャニーズは特別で、あなたは凡人ですよ・・と洗脳されています。あんたたちは、単純なことしかできないんだから、一生懸命頑張って働いて、休みの日はコマーシャルで出てきた商品に浪費して、旅行で浪費しなさい。(浪費したお金は、私たち支配層に入りますから。)お金がなくなったら、また一生懸命、私の下で働きなさい・・・

会社のサラリーマンが、自分の潜在的な能力に気づいて、起業したり、何か凄いことをしだしたら、困る人がいるのです。引き寄せの法則を使って富を引き寄せて、会社を辞められてもこまるわけです。

私たちの神性に気づくとき

レイキは手をかざして病気を治す療法です。

私たちには、そのような力がもともとあるのです。神道では、人は神様の分け御霊を頂いていると考えています。私たち一人ひとりは、神様から魂を頂いた存在なのです。ものすごい力がある存在なのです。

最近はそのような力をつかって、テレパシーをしたり、透視やスプーン曲げをする人も増えてきました。YouTubeで配信されています。

私たちが内面のすごい力に気づき始めています。レイキもその一つです。

私たちは潜在意識の力を使って願望を実現したり、富を得ることができます。

世の中の洗脳で植え付けられた言葉やイメージで物事を見るのをやめるのが、覚醒への第一歩だと思います。