電話占いヴェルニ

レイキセミナーレベル2 セカンドディグリーアチューメント体験

こんにちは。

前回、臼井式レイキセミナー、ファーストディグリーについて書きました。今回は、その続き、レベル2の体験記です。

臼井レイキセミナー体験記 ファーストディグリーアチューメント

今回は、臼井レイキのファーストディグリーセミナーを受けた感想をシェアさせていただきます。 日本発祥のレイキ。日本では怪しい・・と思われがちですが、海外ではセレブも学んでいますし、保険の適用がされる国も ...

続きを見る

レイキについては

はじめに・・霊気(レイキ)とは?どういう意味?怪しい?宗教??

みなさま、「手当(てあて)」という言葉、聞いたことありますよね?仕事でいただく通勤手当、の手当てではありません!! ケガをしたときにする「手当て」です。頭が痛いときや熱があるときに、お母さんに頭に手を ...

続きを見る

ファーストでは、レイキの回路を開いてもらう「アチューメント」という事をしました。これは、基本的に椅子に座った状態で、先生が何やら後ろや横で手をかざして何かをしています。

何をしているかは、伝授できる人しかわかりませんが、受講者は、目を瞑って座っているだけです。途中合掌したりという動きはありました。

今回も、前回と同じ先生のところへ。21日間の「セルフヒーリング」も終わったことだし、ファーストディグリーから、2か月くらいの事です。

そして整体をされている先生ですので、整体医院に出向きました。

そこで先生と対面で座り、基本的にテキストを使った講義形式で始まりました

レイキセミナーレベル2の料金は

まず料金ですが、私の時は2万円でした。

けれど、これは良心的なお値段のようで、相場はだいたい3万円くらい~地域にも違う様です。

高いか安いかは人によるでしょうが、高いと感じる人も多いと思います。けど、効果を考えれば安いとも言えます。

時間についても、私の時は3時間くらいで終わりました。教室によって違うので、申し込みの前に確認しましょう。服装は私の時は私服でした。基本的に動きやすい恰好がいいのではないでしょうか。

レイキセミナーレベル2、セカンドディグリーの内容

講義正式で始まりますが、基本的に進み方はファーストディグリーと同じです。

まずはテキストを読みながら授業は進みます。

そして、レベル2のセカンドディグリーでは、「シンボル」というものが登場します。

シンボルというのは「マーク」とか、「しるし」みたいなものです。グーグルで調べれば出てくると思いますが、私はこちらでは公開しません。してはいけないと言われたからです。

その「シンボル」を空中に指で書きます。そして、三回、シンボルに対応する言葉(マントラ)を心の中で唱えると、なんと、レイキの力が2倍になるのだとか・・

その「シンボル」を、3つ習うことができます。

レイキセミナーレベル2、セカンドディグリーで習う「シンボル」について

そのシンボルを軽く説明すると、一つ目は「パワー」2つ目は「調和」3つ目は「時空」です。

①「パワー」のシンボルは、一点集中でパワーを集めます。ワインなどにやると、味がガラッと変わるので、安いワインもおいしいです(笑)

②「調和」シンボルは、精神や感情面に作用し、精神のバランスと調和を助けてくれます。

③「時空」は遠隔ヒーリングをするときに使うシンボルです。誰かの写真や名前があれば、遠くに離れた人にヒーリングができます。さらに、過去、未来の時空でもあるので、過去のトラウマを癒したり、未来の出来事に対してエネルギーを送ることができるのだとか。例えば、何かの試験日に力が出せるようにエネルギーを送ったりできます。

それぞれ、単独でも使えますし、全部一緒に使う事もできます。全部使う場合は、③→②→①の順でやります。

レイキセミナーレベル2、セカンドディグリーでもアチューメントはあります

基本的にテキストを使って講義形式ですが、3回くらい、アチューメントがありました

最初にちらっと書きましたが、椅子に座った状態で、目を閉じ、先生がなにやらエネルギーを送っているのがわかります。触れていないのに、何かが肌に触れている感じがとても面白いです。目に見えないエネルギーを確信する瞬間でした。

あとは、具体的なヒーリング方法や瞑想法を習い、終わりとなります。

やはり、セカンドディグリーは「シンボル」の伝授と、シンボルをつかえるようになるという点が一番の醍醐味でしょう。

ファーストディグリーよりも専門的なヒーリング方法も学べましたし、とても楽しかったです!

今度はいよいよ、最後のサードディグリーの体験談をご紹介します。

© 2020 みらくるくるよ