人生の方程式の秘密を知るだけで成功できる。

自己啓発・人間関係・心理学

「人生の方程式」をご存知でしょうか。

人生や、仕事で結果を出す人には共通点があります。それを式にしたのが、「人生の方程式」です。

京セラ・KDDIの創設者であり、JAL再建の立役者となった「稲盛和夫」さんが言っていた話です。

仕事で結果がでない・・なんか人生がうまくいかない・・そういう方は、この方程式を意識するだけで、目の前の現象、出会う人、出来事が変わってくるかもしれません。

稲盛和夫さんのいう「人生の方程式」とは

人生の方程式、それを式にすると

人生の方程式

仕事・人生の結果 = 能力 × 熱意 × 考え方

式を簡単に説明すると、

「能力」

これは、才能や肉体の健康です。ある程度、生まれつきのものなので、変えようがないとも言えます。

ここに入る数字は、1~100です。

「熱意」

次に、「熱意」

これは、「どうしてもこうありたい!!」という気持ちです。「努力」とも言えます。これは、自分の心の持ちようで変えることができます

ここに入る数字も、1~100です。

ここまでで、例えば「イチロー選手」を例に考えてみましょう。

イチロー選手は、間違いなく野球の「才能」があると思います。私は野球に詳しくないので、イチロー選手の才能がどれほどかはわかりませんが・・・あれだけの活躍をしていたので、素人目線で、才能「90」としておきます。

さて、この方程式のミソは、「掛け算」であるという事。

仮に、イチロー選手が、野球に対して「熱意」がない、努力もしないとします。「能力90」でも、「熱意が0」だったら・・・90×0=「0」です。イチロー選手でさえ、凡人で終わるわけです。例えば、イチロー選手が、「熱意50」くらいで、ふつ~に練習したとして、、90×50=「450」です。

逆に、才能が普通の「才能50」くらいの少年が、「絶対プロになる!!」という「90の熱意」で野球に取り組んだら、普通に練習したイチロー選手と同じ、「450」に到達できるというわけです。

しかし・・

人生はこんなに単純ではありません・・・これに、「考え方」が加わります。

「考え方」

考え方というのは、人生に対する心構えです。これがとても大切だそうです。

どのくらい大切かというと・・・ここに入る数字は

ー100~+100

なんと、「マイナス」があるのです。中学の数学をやっている人なら、この意味が分かると思います。

つまり、才能がある、そして、熱意があり、努力もある。100×100で10000点の人でも・・・「考え方」がめちゃくちゃだと、-100を掛けることになります。

10000×-100=-1000000

とんでもないマイナスの人生になる、というわけです。

逆に、考え方さえしっかりしていれば、才能も、努力もカバーできるという事にもなります。

結局、「考え方」「人生に対する心構え」が、鬼のように大切だという事がわかりますね。

マイナス人生になる・・人生を終わらせる考え方とは

では、「考え方」の大切さを分かった上で・・

実際、ダメな考え方とは一体何か?という話になります。今回は、伝説とも言える稀代の思想家、中村天風さんの考えを参考にさせていただきます。

ダメな考え方というのを、中村天風さんは、「消極的感情」と言っています。それは、以下の10個です。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

①怒る ②恐れる ③悲しむ ④憎む ⑤嫉妬する ⑥恨む ⑦悩む ⑧苦労する ⑨煩悶する ⑩迷う

[/st-mybox]

これらが自分の心の中にないか・・常に自分を内観し、チェックしてみるのも良いかと思います。

プラス人生になる・・人生を輝かせる考え方とは

では、逆に、積極的な感情とは何か・・

多くの人が考えてしまうのが、例えば、「悩み」という感情が生まれた・・そんなとき、「これではいけない!ポジティブに!頑張っていこう!」「ポジティブ!口角を上げて!!」

・・・というやつです。

中村天風さんは、消極的な感情に負けないようにする気持ちを「相対的積極」と言っています。

これは、とにかく疲れますし、常に気を張っていなければなりません。こういうことを言って、「頑張れ」「頑張れ」という人、いますよね。私はあまり近づきたくありません。

では、絶対積極とは何か?というと

心がその対象なり相手というものに、けっしてとらわれていない状態

いわば、「無」の境地です。いかなる時も、平穏な気持ちでいることです。

最近、「反応しない練習」なんて言う本が売れていますが、それに近いのかもしれません。

何事もそうですよね。相手に勝とうとする競争の時代はもう終わったと言われています。これからの調和の時代。心を常に穏やかに、平穏にできるかどうかが大切になるでしょう。

あなたの人生が、100万満点になりますように。

心をコントロールする具体的な方法はこちら

[st-card id=2010 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]