あなたが、やりたいことができない究極の理由

自己啓発・人間関係・心理学

80歳以上の人たちに、人生で後悔していることは?と質問した実験があります。

その質問は、「人生で後悔していることは??」

すると、70%以上の人が同じ答えをしたそうです。

それは・・・「やりたいことを挑戦しなかった・・」

これについて、どう思いますか?若い人は、「俺は挑戦するよ!!」って思うでしょう。けど、実際、70%以上は、「やらない」という結果になるということですね。

理由は2つあります。

願望で終わってしまう

日本には、ご利益教というものがあります。

神社に行って、小銭を投げ、「○○してください、お願いします!」というやつです。同じように、最近は「引き寄せの法則」というのが流行っています。

「強く願えば、叶う」という考え方です。

このような思考に、知らず知らずのうちにハマっています。

その結果、どうなるかはわかりますね。「行動できなくなる」のです。行動せずに、願ってばかりでは、結果、挑戦できなくなります。

できるか、できないか、で考えてしまう

もう一つは、何かを挑戦したいと思ったとき、「できるか」「できないか」で考えてしまうからです。

「できるか、できないか」というのは、どうでもいいのです。

大切なのは、「やるか」「やらないか」

これだけです。地球は行動の星です。やらなければ、なにも始まりません。しかし、みんな「できるか、できないか」で考えてしまいます。なぜなら、失敗が怖いからです。私たちには、ホメオスタシスと言って、安全なとこにいようという思考が無意識に働きます。

そして、過去の自分が邪魔をします。昔、イジメられてたから・・昔、失敗したから・・過去は幻想です。

行動しなければ、何も変わりませんよね。「できる、できない」ではなく、「やるか、やらないか」です。

できない理由を探して、何も行動せず、明日も同じ生活をしていると、あっという間に80歳。そして、「挑戦したかった」と言っているのかもしれません。