ヴェルニ

「出る杭は打たれる」日本社会で、打たれないで成功する方法は

日本は、「出る杭は打たれる」文化です。

例えば、英語の授業を思い出してみても
apple を「アポ―」と発音しようなものなら

寄ってたかってバカにしてくる人がいるものです。

日本は昔から、ムラ社会でした。

集団の中で、少しでも目だったり、間違い
をしたら、「村八分」といって、ハブかれました。

大名行列があれば、一斉に頭を下げ、
もし頭を上げると切り落とされる・・
そんなこともあったと言われています。

 

空気を読まない人は殺されるというDNA
私たち日本人の中に強く残っているとも言えます。

つまり、出る杭を打つエリート集団
とも言えますね。

それが、日本の成長を止めている
とも言われています。

実際、昔は日本といえば電気製品でしたが

スマホはアップル
世界的にテレビも韓国製のものがほとんど
パソコンはWindows
買い物はAmazon

 

いつの間にか、外資だらけになっています

あなたが自分を成長したいと思うと

必ず、あなたを無理だとか、意識高い系とか

笑う人がいるでしょう。

可能性を潰す人もいると思います。

 

では、どうすればいいのか。

1つは、「無視」「スルー」する

そして、もう一つは、、、

誰も打てないくらい出る

実はこれ、イチロー選手が言っていました。

自分が情熱があること
どうしてもやりたいこと
夢中になっていることがあったら

あなたの「杭」が出ます。

そうすると、あなたを打とうとする人が
でてくるでしょう。

そしたら、もっと出ればいいんです。

出るだけ出れば、「この人にはかなわない」

そう思われる時が来ます。

 

やりたいことを突き抜けるまで、やりましょう。

あなたの可能性を否定るする人は無視

そして、もっと出て、突き抜ける。

そういう人が増えれば、
日本はもっと生きやすい国になりますよね。

 

 

© 2020 みらくるくるよ