イライラと不安を解消して、現実が変わる簡単な考え方

自己啓発・人間関係・心理学

最近、ブッダのお話を聞いて、スゴイと思いました。

小学生の作文のような書き出しですが、コレはスゴイと思ったのです。

最近、嫌なことばかりが続いていたんですが、救われました。

    現実を見れば、悩みだらけ
    イライラすることばかり

そんな気持ちがなくなりました。

「色即是空」という言葉がありますよね。

「この世の万物は形をもつが、その形は仮のもので、本質は空(くう)であり、不変のものではない。
辞書によると、こういうことだそうです。

なんかよくわからないですよね。

私なりに解釈してみたのですが、(間違っていたらご指摘ください。。)

出来事は、すべて白紙の状態ってことと思うんです。

例えば、「上司に怒鳴られた」という出来事があったとします。

    その時点で、その出来事は「白紙」
    そこに色を塗っているのが、私達。

「上司に怒られた」という「白紙」に

「悲しい、怖い、辛い」という色を塗ることもできるし

「コレをバネに頑張ろう」「自分に期待して言ってくれているんだ」という色を塗ることもできる

私の場合は、妻が子供に怒ってばかりなのが嫌で仕方なかった。

けど、「妻が子供に怒る」という出来事も、「白紙」

そこに、私が「嫌だなぁ。」「なんであんな言い方しかできないんだ」という色を塗っていただけだと思ったんです。

「子供のことを心配してくれているんだな」という色を塗ることもできます。
「その分、自分が褒めて育てよう、バランスだ。」という色を塗る事もできる。
「自分が仕事ばかりで、家のことを任せきりだから、ストレスなのかもな」という色を塗ることもできるわけです。

見方次第で、天国にも地獄にもなるんだね。

出来事は、全て「白紙」なんだ、と気づいてから、色の付け方は、自分次第と思えます。

なら、きれいな色で塗りたいよね、と思ったら元気がでた。

みんなで、現実にきれいな色を塗りまくれば、世界はカラフルになるよね。

きれいな世界を作ろうよ。

最近私を前向きにしてくれるのは、「ひすいこたろう」さん。
飾らない文章で、説教臭くなく、教えてくれるのが、最高です。
私は度ハマりして、大笑いして読む本あり、マイページ涙が止まらない本もあり・・完璧情緒不安定(笑)

ひすいこたろうさんが心の支えです。ずっとついていきます!笑