クラブハウスで孤独が癒せない人へ・・only is not lonely

自己啓発・人間関係・心理学

最近、2極化、という言葉をよく聞きます。
私の私生活でも、なんとなく、言い合いが増えたり、今まで普通に話せてた人と、まったく合わなくなったり、
なんかおかしな変化が起きています。

久しぶりに、すごい孤独を感じます。

同じように感じている人も、多いのではないでしょうか。

みんな孤独で、「クラブハウス」のようなアプリで、傷をなめあっているように見えてしまうのは、私だけでしょうか・・

あなたは、もしかして、勉強熱心で、自分を高めようと頑張っている方かもしれません。

    いろいろなことを知って、学んだ結果、孤独になる。
    けど、それは、ある意味、あなたが成長している証拠だと思うんです。

私も、孤独です。

クラブハウスも招待されましたが、1日で、「ムリ」と判断しました。

基本的に群れるのは苦手ですし、知らない人といきなり話し始めるなんて、私にはちょっと・・

あなたが学びだすと、周りの人とのギャップは生まれてきます。

Only is not lonely

Only is not lonelyという和製英語があります。和製英語ですので、英語話者にとっては、ちょっと変な英語。
けど、日本人の心には、響く、不思議な言葉。

周りとは考えが違くて、孤独のような気持ちになるかもしれません。

けど、「ひとり」でいることは、「孤独」とは違います。

オンリー(ひとり)だからといって、ロンリー(さみしい)になる必要はないですよね。

ひとりになったら、内面に目を向けましょう。

音楽を聞いたり

本を読んだり

心落ち着かせて

内面に目を向けましょう。

インターネットの中にも、あなたの心に合う配信が、きっとあるでしょう。

流行りや、人気者に目を向ける必要はありません。

あなたは、あなたの世界を大切にしてください。

あなたをわかってくれる人は、きっといます。

くらい気持ちになったときは、心穏やかに・・

内面を深めましょう。

成長は、孤独の先にあると思います。

何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く。

マラソンの高橋尚子さんの座右の銘だそうです。