「今を生きる」は、どう生きること?

「今を生きる」と言われますが、どういう状態か?

ピンと来ない方も多いと思います。

「今を生きる」というのは、どういう状態なのでしょうか。

時間について、考える

「時間」というと、ほぼ99%に人は、過去から今に流れていると思うと思います。

昨日があって、今日があって・・
昨日これをしたから、今こうなって・・

という具合に。

けど、それって、単なる「記憶」です。

もしあなたが今事故にあって、頭を強く打って、記憶が全て無くなった。

すると、あなたの「過去」は、あなたから消えます。

「過去」というものは、そういうものです。

だから、過去なんてなくて、「今」しかないんです。

「今を生きる」時間の流れについて

では、どう考えればいいの?というと、

時間というのは、「今の一瞬」の積み重ね。ということです。

今、今、今、今、今、の連続で、時間は流れている。

なので、「今」しかないんです。

未来は

と、言うことは、未来は?

「今」の延長に過ぎませんね。

今、今、今、、、と続いているので、

今、ハッピー状態を続けていれば、1ヶ月後もハッピーです。

けど、みんな、途中でやめちゃう。

夫がイライラする
上司が最悪

と言って、イライラ不機嫌モード。

その結果、「イライラの今」が続いていく・・

ハッピーな人は、意図的に、嫌な出来事を「ハッピー」に変えているんです。

今を、ハッピーに染めているんですね。

夫がイライラさせる
妻がイライラさせる

そのために、この記事です!笑
妻がイライラしてしょうがない

これ以外に、私の最近の流行りは「〇〇族」

もう、外国人って思いましょう。怒ってばかりの上司が嫌だったら、「イライラ族」っていう人種なんだと。
文化が違うんだ。
嫁が掃除しない⇒「掃除するという文化がない部族」
だらだら家事を手伝わない夫⇒「宗教的な理由で身体を動かせない文化をもつ部族」

あぁ、いろんな人種がいるんだなぁ。

そうやって、「今」をいい状態にしていると、未来もいい状態になりますよ。

© 2021 guiding light Powered by AFFINGER5