マナー講師、いらない??社会人はマナーよりも〇〇が大切。

今朝、車でラジオを聞いていたら、こんな会話が

ラジオネーム〇〇さんから
「新入社員が、社長から給与明細をもらうときに、片手でもらっていて、びっくり
普通、目上の人から物を受け取るときは、正面から、両手でもらうのが、私達の常識なので、
少し驚きました。

・・的な放送がされていました。

おそらく、聞いている人は、「最近の若いのは、マナーも常識も知らんのか」

と、思うかもしれません。

マナーを知らない社会人一年目

これを読んでいる人も、これから社会人になる方が多いかもしれません。

今までよりも人間関係が複雑になり、目上の人と話すことも多くなったり・・

マナーや常識が気になっている人もいると思います。

「マナーや常識は学校では教えてくれない」という人もいます。

だから、マナーなんて知らなくて当然といえば当然です。

けど、マナーは教わるものでもないと思います。今回は、私が思う「マナーの本質」についてシェアします。

社会人一年目が気をつけるマナーは

さて、先程のラジオの話に戻ると、

確かに、そういう「知識」も必要かもしれない、と思いました。

けど、マナーとか、常識って、「覚えるもの」なのかな?とも思います。

結論から言うと、

マナーの知識だけを勉強しても、使えないと思うのです。

大切なのは、どういう気持で人と接するか

それがないと、プロのマナー講師から習っても無駄です。

必要なのは、尊敬と、感謝。


これさえあれば大丈夫。
むしろ、謙虚に人を尊敬して、感謝できるのは、フレッシュな社会人一年目の強みです。

私も若かりしサラリーマン時代は、マナーなんて知らず、気持ちで乗り切っていました。
思い込みかもしれませんが、割と上司やお客さんからは可愛がられたほうでした。

テクニックに走らず、「気持ち」が大切ですね。

尊敬している人に対しては、マナーを守るはず

さっきのラジオの話に戻ります。さて、片手で給料を受け取った新人。そもそも、その社長を心からリスペクトしてたら、

片手で受け取るか?という話です。

もし、あなたが、すごく尊敬している人から何かを受け取るときに、適当に片手で受け取るでしょうか。

自然と両手がでると思います。

だから、まずは人を見下したり、下のやつだと思ったり、大したことないやつだって思わず、

謙虚になって、尊敬するべきなのです。

尊敬できないなら、感謝はできる

社長だけど、直接仕事で話すこともないし、別に尊敬できない。

と思う人もいるかもしれません。

けど、尊敬できなくても、感謝」はできるはずです。

実際、社長からお金をもらうわけだから、そのことについて「感謝」は絶対できるはずです。

感謝があれば、自然と丁寧なマナーになるはずです。

人に対する尊敬や感謝がなくて、マナーだけマスターしようとしても、難しい。

だから、まずは「マインド」を整えましょう。

何事にも「感謝」する。

そして

目の前の人を馬鹿にしたりしないで、大切に扱う

これだけで十分です。

これだけできれば、立派な社会人になれます。

マナーの基本は知っておこう

とはいえ、基本的なマナーくらいは知っていても損はないから、一冊くらいは本で読んでおくといいかもしれませんね。

残念ながら、まだ「常識」は大事にされていますから・・

やっぱり、「体は心を表す」といって、マナーが心を表すと思われます。
心が整っていても、相手からしたら「常識のないやつ」と思われることをしてしまっては損ですね。

逆に、細かいことを知っていて、「お、若いのに、やるね!」って思われるかもしれません。

基本的な常識(知識)、そして、今回紹介した「心」

この2つが重なって、素晴らしい社会人になれます。

© 2021 guiding light Powered by AFFINGER5