自己中は悪くない。むしろ、ちょっと自己中くらいで、ちょうどいい。

皆様は、「自分の人生を生きる」ということについて、どうお考えでしょうか。

そんなの当たり前。みんな自分の人生を生きているって思うかと思います。

けれど、本当に自分の人生を生きているって、言い切れるでしょうか。

「自分の人生を生きる」というと、少しイメージしづらいので、「どこにエネルギー(意識)を向けているか」と考えてもいいかもしれません。

多くの人が毎日が辛い、つまらない、満たされない。。と思うのは、他人の人生を生きているからです。

あなたは、もう少し自己中になっても大丈夫です。「自己中」というとネガティブなイメージですが、今回は自己中になることで幸せになれるというお話です。

みんな、他人のことばかり考えて生きている

「どこにエネルギー(意識)を向けているか」と考えると、100%自分にエネルギーを使っていますって言える人は少ないかもしれません。

今、世の中は暗いエネルギーで満ちていますよね。ニュースを見れば暗い。世間話しをしても、暗い。

「政府は何をしているんだ」「怖い」「心配だ」

他者批判、心配、不安

こういうのは、全てエネルギーが外に向いています

テレビのコメンテーター、政治家の討論、すべて「あなたの言ってることは間違っている」ばかり。
そこに、夢や希望といった展望はまるでありませんよね。
トップが言うことも、「自分の株を上げたい」という気持ちで話をしている感じもプンプンしてしまいますよね。

「他人から」よく見られたい。「自分の正しさを他人に証明したい」
そんなエネルギーばかりです。

愛と感謝を探し、宇宙意識で生きよう

では、どうすればいいのか。

という話ですが、自分の意識を自分の内面に向けるのです。

他人に自分の正しさを証明するより、他人を褒めた方が楽です。

自分のことは、自分が認めてあげればいい。

周りの暗い雰囲気やニュースに恐れたり、流されず、自分は愛と感謝の心を持ち続けましょう。

目の前の現象は、自分の魂の成長のために起きていることです。
自分が選んで起きていることとも言えます。

目の前の課題に一生懸命向き合っていれば、他人に干渉する暇はなくなります。

あなたは、もっと自己中でいい

日本人は、集団を大切にする民族なので、自分より、他人を大切にしてしまいがちです。

それは美徳ではあるのですが、例えば、自分の時間を犠牲にして、会社で過度の残業をしてプライベートを犠牲にしてしまったり。
上司より良い車には乗っていけない・・とか。
親が喜ぶために結婚した。
世間体のために仕事を選んだ。

あなたの本当のしたいことは、何だったのでしょうか
誰かのために生きてきた、、ということはありませんでしょうか。

嫌いな仕事、パートナー・・

自分を愛せない。
自分を大事にできない。
好きなことをしていない。

私もそうでしたが、自分をごまかして、他人優先で生きていると、人間関係でトラブルが起きたり、自分の身体がおかしくなって、最悪病気になります。

あなたは、少し自己中くらいで丁度いいです

私達は、幸せになるために生まれてきました。

少し自分を優先させて、好きなことをしていいと自分を許しましょう。

それが神様が望んでいることです。

小さなことからやりたいことを始める

いきなり会社をやめたり、離婚、、なんて難しいと思います。

私がおすすめするのは、小さなことから始めてみること。

例えば、私の場合は、いつも仕事優先、家庭優先にしていたのですが、ちょっと公園にぶらっと出かけることからはじめました。
天気のいい日に公園にでかけ、独りでボーっとしたり
温泉に行ってみたり。
最初は、こんな贅沢いいのかな・・と思いましたが、とても幸せな気持ちになりました。

食べたいものを食べてみたり、小さなことで、今まで我慢していたことをやってみましょう。

だんだん自分の声を聞くようになると、いつの日か自分の中の声が大きくなってきます
これは「エゴ」とは違う、自分のほんとうの声です。

眠っていた「本当の自分」が眼を覚ますのです。

私は音楽が急にやりたくなり、習い始めました。
お金になるわけでもないし、何かの資格が取れるわけでもない。
キャリアとも関係ない。

「ただ、やりたい」

これをやってみると、半端ではない幸福感に包まれます。
魂が喜んでいるのがわかるんです。

正直、月1万とかを自分の習い事に使うって、かなり贅沢ですよね。子供がいる人はさらに。。

けど、行きたくない飲み会、必要のない買い物・・そういうのにお金を出すくらいなら、好きな習い事をしたほうが、断然魂が喜びます。

テンションもあがるので、本業の仕事もかなり調子がよくなりますよ。

自分を満たすと、他人のために何かをしたくなる

自分に好きなことをさせてあげると、自分の波動があがります。そして、そのうち、他人にも幸せになってほしい、と思えるのです。

よっぽどの人を除いて、自分がハッピーじゃないときに、他人にも幸せになってほしいとは思えませんよね。なので、自分を満たすことがまず最初です。それで初めて、他人のために何かをしたい。という気持ちが湧いてきます。

だから、自分のために生きることが、他人のためになります

小さなことから、自分を喜ばせることに時間を使って、自分を愛しましょう。

© 2021 guiding light Powered by AFFINGER5