選挙を見ていると、イライラして周りと喧嘩してしまいます。

選挙を見ていると、イライラする問題

2022年には参院選が行われましたね。

2日前には、安倍前首相が暗殺されると言う痛ましい事件も起こりました。

みんな、心がざわついたと思います。

ネットを見ると、茶番だ、とか「血のり」が見えるとか、「死んでいない」とか、いわゆる陰謀論も多くみられました

一方で、テレビを見ると、彼が総理時代に行ったことを美化する追悼番組が流れていたとも聞きます。(私はテレビを見ないので、わかりませんが)

どちらが正しいのか。
どちらも正しくないのか。

ただ一つだけ言えること。

それは、私たちは、半径2メートル以内しか見えないんです。

ネットを使おうが、テレビを見ようが、「現実」は、いつも、半径2メートル以内なんです。

何が言いたいかと言うと、自分が手に負えないことにいちいち気を止めても仕方がない、ということです。

政治がどうなろうと、私たちはどうしようもできない。選挙に行くだけ。それだけです。

「無関心」であれ、と言うわけではありません。

関心を持つのは大切なこと。

ただ、そこに対して、「思いを持たない」ということです。

〇〇党は、最悪だ、日本を売り飛ばしている。
〇〇党は日本のための政治をしている。

改憲すれば戦争に行かなければならない。
改憲しないと、外国に攻め込まれる。

改憲すれば、戦争を起こさなくて済む。
改憲しないほうが、戦争を遠ざける。

いろいろ「思い」はありますが、その「思い」こそ、争いを生むんだと思います。

選挙で熱くなるより、目の前の人を大切にした方がいい。

私もやってしまっていました。

政治のことを考えるとイライラして、そのことについて妻と話すと、妻とも意見が合わない
イライラケンカモードになる。

もともと、私は家族平和に仲良く過ごしたいのです。

政治だって、日本を、日本人を幸せにしてほしいのです。

しかし、その政治の話をして、妻と険悪になる

だったら、政治なんてものには「思い」をもたないで、ニコニコ妻と向き合った方がいい

みんな、「幸せ」になりたいんだと思います。

悪い政治家、と言われる人だって、誰かしらは幸せにしたいのだと思います。

私たち有権者も、同じ。

目の前の現実に向き合おう。

政治はこうあるべき!って言いたいのはわかります。

けど、現実として、政治にどうこう言うより、
自分に力をつけるしかないのではないかと思います。

どんな状況でも、生きていけるスキル、知識を身につける方がいいと思います。

そして、多くを求めない、足るを知る、今あることに感謝する、という精神を身につけた方が楽だと思うのです。

私たちの「思考」が現実を作ります

どうやら、これは本当のようです。

オカルトでもないのです。

争いのマインド、不足のマインドばかりだと、そのような現実を引き寄せてしまいます。

コツコツと学びを進めて、心穏やかに、どんな時代でもニコニコ生きれる自分になりたいですね。



© 2022 神道ism Powered by AFFINGER5