戦争を起こす人が許せない ー小林正観さんの答えに驚嘆

今回も、小林正観さんの世界をシェアさせていただきます。

戦争を起こす人が許せない

ある相談者が、このようなことを言いました。

「正観さんは、怒ってはいけない憤ってはいけないとおっしゃいます。しかし、私は戦争を起こす人だけはどうしても許せないのです。これは、正しい怒りではないのですか?」

皆様はどうお考えですか?
実際、戦争は、今この瞬間にも怒っていて、多くに人が命を落としています。

なんで人間同士が殺し合うのだろう。
なぜ、戦争は無くならないんだろう。

私も、子供の時からよく思っていました。

小林正観的戦争をなくす方法

この質問に対する小林正観さんの答えは、このようなものでした。

「あなたのその怒りこそ、戦争を起こすのではないですか?」

実は、戦争を起こす人も、「自分は正しい」と思っているのです。
自分は絶対に正しい。相手が間違っている。

だから、「正しい怒り」なのだと。

先ほどの質問者さんも、戦争を起こした人に対する怒りは、「正しい怒り」ではないですか?と質問していました。

正しい怒りのぶつかり合いが戦争になる。

これが、世の中の争いの原因です。

みんな、自分が「正しい」と思っているのです。

では、どうやって対処すればいいのでしょう

どんな時も絶対戦わない

基本的に、どんな時にも腹を立てない。怒らない。という姿勢が大切なのです。

「こう言う条件だったら怒っていいい」という条件はない、と言うことです。

どんな時でも怒らない。

けど、そんなの仙人じゃないと無理ですよね・・

そんな時に思い出して欲しいのが、

「ジャッジしない」「自分の問題だけに集中する」

評論家になってはいけない

ドライな見方のような気もするんですが、起きていることに、「良いとか悪いとか」いちいち論評評価しないこと、と正観さんはよくおっしゃっています。

出来事は、ただ目の前に起きていることであって、そこに良いも悪いも存在しない。

良いか、悪いか、それはあなたの心が決めているのです。

社会現象、事件などについて、いちいち論評しない、と言うことです。

あの人は極悪だ、なんて詐欺師だ、なんて悪い政治家だ!と怒っても、解決はしません。

自分がどう生きるか

いちいち目の前の事件や人に腹を立てるのではなく、自分がどう生きるかに集中する。

それが正観さん的な問題解決です。

国のお金を盗んだ奴がいる。そのことに、なんて奴だ!って怒るのではなく、自分が盗まない人になる。

結局、自分がどう生きるかに集中するのが一番、と言うことです。

世の中を見渡すと、争いの原因が見えてくる

この法則を知ると、私たちの身の回りで起こっている争いの原因が、ほとんど

分は正しい合戦」

であることがわかります。

私はこれが正しいと思う!あの人は間違っている!あの政党は間違っている!この政党の言っていることが正しい!

私の場合、夫婦喧嘩のほとんどがこれでした。

特に男の人は、論理的に考えて、「正しい」ことを言ってしまう。奥さんも、旦那に負けるのが嫌だと言うタイプは、正しさを主張して戦ってしまう。

子育て、部活の保護者との会話・・私は正しい!を言うと、喧嘩になる。

けど、それを捨てたら、「自分がなくなってしまう気がする。」

確かに。流される気がする。けど、「正しい」と主張することこそ、その正しさに流されているのかもしれません。

自分は戦わない。正しい、正しくないとジャッジしない。

そう決めることって、流されない生き方のような気もします。

正観さんの講演を無料で聞くにはAmazonのオーディブル(サイトに飛びます)

© 2022 神道ism Powered by AFFINGER5