神社のおみくじで凶をひいたらどうするか。凶が大吉になる神様からのメッセージ

スピリチュアル・宗教

神社でおみくじをひいたけど、「凶」が出てしまった・・

どうしよう・・今年は悪いことがあるのかな・・

そんな不安を抱く人もいると思います。

なんか悪いことおこるかな・・嫌な気持ちになりますよね。

「予祝」という言葉が一時期知られるようになりましたね。

前もってお祝いすると、実現するというものです。

「凶」が出て、嫌な予感・・と思う人は、予祝と同じ原理で悪いことを引き寄せてしまいます

そんなひどいことを、なんで神社がするんだ!?って、思いますよね。

私も一時期、凶なんて入れなければいいのに。と思っていました。
けど、自分なりに考えて、納得できました。

今回は、神社で「凶」が出た人に聞いてほしい話です。

「凶」の語源

まず凶の語源ですがネット(ウィキショナリー)によると

指事。落とし穴に嵌まって苦しむ様(説文解字)、或いは地割れを象っており、そこから「わざわい」「わるい」という意味になった。また、「凵」は胸郭を意味し、枉死者の胸に「×」を印した慣習に由来し、「兇」「匈」「胸」の原字との説(白川)もある。

とのこと。いろいろ難しいことが書かれていますが、なんとなく恐ろしいのはわかります。

凶と困

ここからは私の見解です。

凶という字を「困る」という字と見比べてください。

困る、という字は、木が囲まれて、動けない状態が見て取れますね。

それをふまえて、あらためて「凶」という字を見てみると・・

上のところが空いていて、凵にフタが無いのがわかります。

と、いうことは・・上に飛べば抜けられるのが、「困」との違いのように見えませんか?

凶が出たらどうするか

と、言うことは、上にジャンプすれば抜けられるよ、というのが、「凶」の考え方です。

凶が出たからと行って、お祓いをしたり、落ち込む必要はありません。

凶が出た人に神社の神的メッセージ

では、それをふまえて、なんで神社のおみくじにわざわざ凶を入れておくか。

これは、神様からのメッセージ。

「あなたは、まだ本気を出していません。本来の輝きを出していません。だから、今こそ、飛躍してください。」
「凶のメッセージで、すこし驚いたかもしれませんが、ジャンプして凵から抜け出してほしいというメッセージです。」

こんなメッセージが聞こえます。

大吉だったら、安心はしますが、もっと向上しようとは思えないかもしれません。

凶が出た人は、これからもっと飛躍しなさい、というメッセージ。

何をしていいかわかりません・・という人へ。

まずは「いい言葉」「いい笑顔」、そして、目の前の人に愛を持って接するだけで、変わっていきますよ。