やる気がない子供・・・魔法の一言

自己啓発・人間関係・心理学

あなたは、今日という一日をもう一度過ごしたい、と思いますか?

思います、と答える人も多いかもしれませんが、無理な話ですよね。当たり前ですが、今日という一日は返ってきません。

今日は、まったくやる気のない生徒が変わった一言、というお話です。

家庭教師の思い出

私が家庭教師で教えていたころ、どうしても無気力な生徒がいました。何にも興味が持てないという感じで、ポカーンと口を開けて、いつもボケーっとしていました。かろうじて部活のサッカーはやっているようで、サッカーは興味を持てるようでした。

勉強も、もちろんやる気はない。ちょっと頑張ろうと思っても、中2なのに、Sundayを覚えるのに1週間かかったのを覚えています。

勉強はどうであれ、性格的にはとても素直で、優しい子でした。そして、感受性は豊だったと記憶しています。

中学校では、毎日の学習の記録、今日の日記、のようなものを記録し、学校の先生に提出しているようでした。

「ちょっと、それ見せてよ」と、生徒に言ってみました。「個人情報」と言えばそうですし、日記のようなものなので、他人には見せたくないものだと思いますが、「別にいいですよ」と見せてくれました。

そこには、今日やった勉強、家庭教師でやった勉強などが書かれていました。

その中でも、「今日一日の日記」という欄には、毎日、毎日、同じことが書いてありました。

 

「今日も特に何もなかった」

 

何もなかった一日は

何もない一日ほど、幸せな日はない・・40代が近くなると、そんな気持ちになります。何事もなく、今日という一日が過ぎた。そんな、何事もない一日に幸せを感じられるのは、大人ならわかってきますよね。

けれど、中学生、高校生がそんなこと言っていたら、どんな青年だよ・・ってびっくりしてしまいますよね。

やはり、中学生が「特に何もなかった」と書くのは、無気力が原因と思います。

その中学生に、私が言ったのは、

君が、特に何もなかったという一日を、どうしても生きたかった人もいるんだよ

病気で昨日亡くなったお父さんは、今日も、子供や奥さんの顔をどれだけ見たかったことか。

昨日亡くなったお母さんも、今日、どれだけ子供の手を握りたかったか。

不慮に昨日亡くなった子供は、今日も、友達とどれだけ遊びたかったことか。どれだけお母さんに会いたいことか。

今日という一日を、どうしても生きたかった人がいるんだよ。

君が特に何もなかった、という一日も、そういう人達の「一日」と同じ一日なんだ。もっと大事に今日を生きてみませんか?

と、いう話をしました。

その生徒なりに、感じることがあったようです。

次に会ったときから、少し目つきが変わり、日記の内容も変わってきました。

「今日は苦手なところの勉強をして、少しわかるようになった」

もともと料理に興味があったらしく、その後、地元の職業科のある高校に進み、学んでいます。

日本一の先生でも伸ばせない生徒

誰でも、変われるわけではありません。

吉田松陰(よしだしょういん)という方の名前を聞いたことがある人は多いと思います。幕末の時代の思想家で、「松下村塾」という個人塾を作りました。その塾からは、高杉晋作、久坂玄瑞など、幕末の志士たちを生み出しました。その中には、初代内閣総理大臣、伊藤博文も含まれていました。

そのような、そうそうたる卒業生を輩出しまくった吉田松陰先生でしたが、どうしても育たなかった生徒が3人いたそうです。

その3人は明治まで生きましたが、まったく出世せず、行方不明になったりしたそうです。

その3人に共通するのは、感動・感激するという感情、自分を奮い立たせる「憤」が欠けていたそうです。感情があまりなかったそうです。

感動できない生徒は、どんないい先生でも伸ばすことができない・・私も経験的にとてもわかります。

どんなに勉強だけさせても、心が動かない子供は伸びません。

大切なのは、感情が豊かに動くこと。今回紹介した生徒は、心の感受性があったのだと思います。

勉強も大切。けれど、たまには感動する映画をみたりして、涙を流すことがどれだけ大事か・・長い休みには、家族で映画を見るのも良いですね。