【カルマ】前世の行いは今世に影響があるのか

スピリチュアル・宗教

今日は「カルマ」についてです。

カルマという言葉は聞いたことがある人も多いと思います。例えば、誰かの頭をポカポカ叩いた。一時間後、頭に子供が投げたボールが飛んできてポカっと当たった。

あ、あの人をたたいたカルマで、自分に返ってきたんだな・・というやつです。

今回は、私たちにカルマの与える影響について考えてみたいと思い。もし宗教をやっているかたがいらっしゃったら、ちょっとうちの宗教と違う!と思うかもしれません。あくまで、個人的な意見として受け取ってくださいね。

私は、カルマの法則があるかないかは結論付けできないと思っています。

カルマとは何か

「カルマ」というのはもともとインドの言葉です。その後、中国語に翻訳されて「(ごう)」と言われるようにもなりました。

意味は、自分の行為が回りまわって自分に返ってくるということです。

このカルマが原因で、私たちの運命が決まるともいわれています。因果の法則とも言えます。

善い行いをすれば良い運命が生み出され、悪い行いをすれば、悪い運命がやってくる・・・その運命からは避けられない・・のだそうです。

カルマが生む「運命と宿命」

先ほど、「運命」と書きました。おなじような言葉に「宿命」というものもあります。

運命と宿命って、どう違うのでしょうか。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

運命は「運ぶ命」宿命は「宿る命」です。

[/st-mybox]

宿命は、宿っといる命なので、変えることができません。例えば男として生まれた、とか。〇〇家の長男として生まれた。とか。日本人として生まれた。とか、1980年に生まれた。など、自分ではどうしようもできないこと。これが「宿命」です。

一方、運命は、「運ぶ命」ですので、自分で切り開き、ある程度コントロールできます。どんな仕事をしているか、どんな人と結婚したか、どんな学校に行ったか・・それは運命です。

生まれてから決まっていた、という人もいるかもしれませんが、例えば「どんな学校に行ったか」というのはある程度自分の行動で変えることができますよね。

となると、カルマは宿命に影響を与えることはあるかもしれませんが、運命までは影響がないとも言えると思います。

カルマは嘘!? 運命の作り方

「運命」自分で変えることができる。それでは、もっと詳しく、「運命」というものを作っているのは何でしょうか?

行動です!という方もしるかもしれません。環境です。とも言えますよね。

運命を作っているのは、「私たちの思考(潜在意識)です

私たちの前に現れている現象。それは、私たちの考えていること、思考、が現実化しているにすぎません。嘘っぽい‥話ですが、量子力学などの学問では、ある程度説明がつきます。

私たちの思考は「フォトン」という素粒子ですので、その素粒子が同じ周波数のフォトンと呼び合い、現実化しています。

[st-card id=1120 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

目の前の現象は、私たちの考えている内面の鏡に過ぎない。ということです。

いつもニコニコして、楽しいことばかり考えている人にはニコニコしたくなる現象が起きますし、いつも怒っている人に限って、レストランでオーダーを忘れられるとか・・・おびえてばかりいる人に限って、クレームの電話をとってしまうとか・・・よくありますよね。

私たちに起きる現象と、自分の内面をよく観察すると、現象の原因のようなものがだんだん見えてくるものです。

前世のカルマは影響するのか

「自分の潜在意識や内面の思考が現実を作る」のであれば、今起きている現象は前世のカルマとは関係ない、ということがわかると思います。

自分ではどうしようもない、生まれた環境、親などについては、「宿命」ですので、前世のカルマが影響していることかもしれません。

大切なのは、私たちは私たちの人生を何かのせいにするのではなく、自分で切り開くことができると信じることです。

カルマも、とらえ方次第で幸せになる

かといって、「カルマ」なんて信じない方がいい、と言っているわけでもありません。

そもそも、カルマが「ある」か「ない」かはわからないですよね。信じる、信じないかはあなた次第です‥の話です。

なので、カルマなんてないよ、嘘だから信じるのはやめよう!というのも、もったいないというか、ちょっと違うかもしれません。

因果応報、というカルマの法則を信じるなら、他人に良いことをしよう!と思えますよね。ありがとう、と言った分だけ、ありがとうが返ってくる。と信じれば、「ありがとう」も増えると思います。逆に、因果の法則があるから、他人に悪いことはできないな・・とおもえますよね。このように、プラスに「カルマ」を使っていきましょう。

同じように、「カルマ」が原因で起きたと思える悪い現象でも、その現象から「自分がイライラばかりしている」ということに気づき、自分を成長させることができた。魂が成長したから、過去のカルマを一つ消すことができたんだ・・と前向きに思うこともできますよね。

ただ単に目の前の不運に反応して、振り回されることがなくなります

まとめ

まとめると・・

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

基本的にカルマは「宿命」に影響する。

運命は、自分の考えや潜在意識が反映する世界なので、自分で切り開くことができる。

「カルマ」「因果応報」があるから、他人を大切に扱おう、など、前向きに生きることができる・だから、カルマを否定する必要はない。

[/st-mybox]

なので、過度に恐れず、妄信することもせず、自分の人生、運命は自分の力で切り開こうと思って、前向きに生きていきましょう。