電話占いヴェルニ

他人を批判したくなったら、自分の内面に問いかけた方がいい

他人を批判してしまう事、ありますよね。

以前、すべてがあなたにちょうどいい、という話を書きました。

「うちの嫁は悪口ばかりで、嫌になりますよ~」と、人に相談する人って、相談という形で、自分が愚痴を言っていたりします。

自分のことは、わからないものです

そう、人は、自分のことがよくわからないものなのです。

他人の欠点ばかり目に付くけど、自分の欠点には目が付かないもの。。

そんな時は、他人の欠点が気になったら、「自分も同じようなことがないか?」と考えることです。

よくあるのは、親子関係。

子どもが、「学校はくだらない!先生は〇〇で、授業は△△で~!!」

お母さんは、「あんた、そんな小さいこといちいち気にしないで、がたがた言うの止めなさい!」

って、血相変えて怒ったりします。そういうお母さんは、政治家がどうとか、学校のプリントがわかりにくいとか、愚痴をぐちぐち言っていたりします。

片付けしなさい!!と怒ってばかりいる人も、自分がガサツだったりします。

このように、自分の欠点って、他人に現れることがよくあります

これも、鏡の法則の一つかもしれませんね。

もし、今、あなたが「他人の欠点ばかりが目に付いてイライラする!!」ということがあったら、少し落ち着いて、「この欠点、自分にないかな?と思ってみると良いかもしれません。

他人を変えようとするのは無理です。他人のことはスルーして、自分の成長にフォーカスしましょう!

© 2020 みらくるくるよ