結婚制度なんていう古いものは、なくなればいいのに

スピリチュアル・宗教

結婚って、どう思いますか?

私も結婚していますが、
もちろん、結婚していいことはたくさんあります。

けど、「修行」だよなぁ

と思う事も、正直たくさんありますよね。

今回の話は、妄想です。時間がある方は付き合ってください。

縄文時代は、争いがない、愛と調和の時代だった

最近、「縄文時代」というのが、
私の中で大ブーム

これから、世の中は変わっていくと言われていますが、
私は、縄文に向かっていくのだと思います。

縄文時代って、なんか野蛮な時代のような気がしますよね

ところが、実は高度な文化があった時代とも言われています。

特に、精神的に高度な人たちだったと言われています。

その証拠の一つが、
「武器のようなものが見つかっていない」

ということ。

まさに、愛と調和の時代だったのです。

普通、その時代は殺し合いは日常茶飯事だったのは
誰もが思うことでしょう。
インディアンの人たちでさえ、白人が来る前は
自分たちで殺し合いをしていたそうです。

そして、そして・・

「所有」の概念が無い世界=結婚制度がない世界

「所有の概念がなかった」
と言われています。

今の時代みたいに、
この土地は私の
これは俺のもの

というのは無かったそうです

所有もなければ、境界線もなく、食べ物は豊かな自然から
好きな時に、必要な分だけ食べていた。

だから、「仕事」という概念もなかった。

もはや、ジョンレノンの世界。

そして

彼らは、私たちが忘れている

人間本来の「力(フォース)」を使いこなしていた

そのため、今でいう超能力集団だったとも言います。

愛と調和の時代。それが縄文。

熱くなりましたが、「0フォース」という本は、
縄文の時代にタイムスリップして、その場にいるような
体験ができる本です。
たまらない本だった・・・

この本で、私の縄文熱に火が付きました。

結婚の話はどうした!?という感じですが・・

所有がない結婚制度がない

とも言えます。

結婚制度は無理がある

縄文時代は、「結婚」というものもなかったそうです。

結婚も、「所有」だから

縄文時代は、子供は村全体で育てたそうです。

結婚は「俺の」嫁 「わたしの」旦那・・「私たちの」子供・・

すべて「所有」。

だから、子供を自由に・・というのは、無理な話。

よく、小学2年生くらいの子供が、
「彼氏ができた」などと言っているのを聞いたことはありませんか?

普通の大人は、かわいいわねぇと優しい笑みを見せるでしょうが、

私のようなひねくれた人間は、
「小2が彼氏?」何言ってんの?

などと思ってしまいます。

ただの「仲良しの男子」とどう違う?

あぁ。「ひとり占めしたいのね」

と思ったりします。

けど、相手の男の子も、あなたを独り占めしたい。

そうしたら、他の「仲良しの男の子」と遊びにくくなる。子供なんて、仲のいい友達とワイワイ分け隔てなく遊んだ方が楽しいと思います。

もし、神的な存在が、「結婚」という制度を見ると

どうして、そうやって自分たちをがんじがらめにするの?

って、大人が小学生の恋愛を見るように見るのかも

なんて、妄想します。

別に、分け隔てなく、いろんな異性と交遊したほうがいい、と言いたいわけでもなく・・

けど、もっとおおらかな縄文のような時代に憧れますよね

世の中、不倫とか騒がれていますが

そもそも、「所有」という概念がなかったら

この時代の悩み、

ほとんど解消するんだけどな~

という妄想でした。

縄文のような世界に、この世界が向かっていると良いのですが・・