波動を高めるためには、捨てるべきものがある。

波動を高める方法については色々書いていますが、今回も、どうすれば波動は上がるか?
ということについてシェアさせていただきます。

私たちが変化するのを何よりも妨げているもの

なぜ、私達が変化できないのか、というと、1つの信念があるからです。
「信念が私たちの現実を作る」というのは知られるようになりました。私たちの周りにはエネルギーフィールドがあると想像してみてください。

定在波をご存知でしょうか。
定在波とは、心から出ているエネルギーの波のようなもので、言い換えると、信念のようなものです。
私達が持っている定在波というのは「これは私が経験する価値のあるものだ」という信念です。

例えば、「私は人から大事にされる価値がある」「私の周りは遅刻する人ばっかりだ」など、信念が何であれ、それは定在波です。その波が常に外に投影されていて、そのフィルターに基づいて現実が映し出されます。

思い込み」とも言えますね。
もしあなたが、「現実を少しでも変えたい」と思うのであれば、その波を変えなければなりません。

あなたの定住波を変えるのです。

私たちが現実の出来事として投影しているものは、私達が考えていることです。
それが、私たちが「信念」と呼ぶものです。
つまり、私たちの現実は、私たちが自分自身について持っている信念によって、映し出されたものです。私たちは、愛や人間関係、お金や健康の豊かさについての信念や物語を持っていて、それらが現実に重なっています。
まるで、映画のスクリーン(現実)に、あなたの信念がうつりだされるように・・

現実を変えるために

もし現実を変えたいのであれば、自分の立ち位置の波動に気づき、自分の信念に気づき、それを変える選択をすることが大切です。意識することがなにより重要です。私も、ずっと自分はお金がない、という信念を持っていました。

信念を変えるのが難しい理由

もしあなたが少しでも信念を信じているなら、信念を変えるのは難しいでしょう。
「変えたくない」という、根底にある信念が、あなたの信念を変えることを難しくしています。

特に、もしあなたが「自分は過去の結果だ」と信じているのであれば、それを変えるのは非常に難しいです。

大抵の人は、この「過去」によって、信念を変えることができないのです。

学校の先生が言った、親が言った、日本が言った、常識が言った・・

過去の記憶を見るたびに、それを記憶から取り出して、見て、変えて、また過去に戻し・・
何百回と思い返しているうちに、私たちは記憶を大きく変えてしまい、起こったと思っていることが実際には起こっていない、私たちの過去は私たちが思っているものではない、ということが起こります。

過去なんて言うのは、幻想です。他人だって、あなたの過去なんて、ぼんやりとしか覚えてません。

波動を変える、波動を高める簡単な方法

ですので、波動を変える鍵は、自分が新しい存在であり、一瞬一瞬が新しい瞬間であり、このように劇的な変化を起こすことができるということに気づくことです。

有名な話ですが、多重人格障害の人は、ある人格になると、糖尿病になり、別の人格になると、糖尿病が無くなっている、ということが起きるそうです。

今のあなたは、一分前のあなたとは、別の人間なのです。

過去の自分と今の自分はイコールではないのです。

過去は、関係ありません

あなたが高波動の存在であり、愛、喜び、平和、幸福などの感情を感じることができます。
そういった感情を感じさせない唯一の要因は「執着」です。
過去への執着です。過去へのこだわりです。

そんなものは、捨ててしまいましょう。

よく、物語などで、少年が母親から離れ、全く別人になるお話がありますよね。
このように、私達も、過去を切り離して、全くの別人になることができるのです。

波動を高めるためにいますぐできること

今すぐできることは、あなたが、いつでも自分が誰であるかについて新しい選択をすることができることに気づくことです。

そして、一瞬一瞬が新しい自分であることに気づくと、古いものを手放す許可が自分に与えられます

今までのあなたの過去、あなたの物語は、あなたの親が作ったものだったかもしれません。
学校や、社会的な常識があなたの過去を作っていた可能性もあります。

思い込みや、社会通念、親などの他人が押し付けていた常識から少し離れて、
自分らしさに眼を向けましょう。

情熱を持って、自分が学ぶべきことをしている、最も高い波動の自分になることを選択するだけでいいのです。

あなたは、何にワクワクしますか?

© 2021 guiding light Powered by AFFINGER5